シェアハウスで必要なものは?設備や生活の様子を紹介!

シェアハウス

こんにちは!援農参加者のゆまです😁

みかん援農では、基本的に他の援農メンバーとシェアハウスに住みます。

でも…初めて出会った人たちとうまくやっていけるか、どんなものが必要なのか、どんな家に住むのか…など色々気になりますよね。

そこで、今回は「シェアハウスの様子や必要なもの」について紹介していきます。

各シェアハウスによって設備やルールが違うので、私が住んでいるシェアハウスを例に説明していきますね。

みかん援農のシェアハウスってどんなところ?

私が住んでいるシェアハウスはこんな感じ。

  • 窓辺から海が見える綺麗な一軒家
  • 部屋は5つ(和室・洋室)で相部屋なら最大10人まで居住可能
  • 男女混合
  • 部屋が空いていれば好きな部屋を選べる

もともと空き家だった一般の住宅を援農の期間限定でお借りしているため、「シェアハウス」として運営しているわけではありません。

だから「お互い過ごしやすくするためにはどんな決めゴトがあると良い?」と自分たちでルールを考えながら共同生活を送っています。

ちなみに、他のシェアハウスはこんな感じ!

私は男女混合の家に住んでいますが、男女別のシェアハウスもあります!

家賃はいくら?水道光熱費は含む?

水道光熱費は家賃に含まれますが、使いすぎると自腹になるので要注意。

家賃は以下の通りです。

個室
1ヶ月21,000円(1日700円)
相部屋
1ヶ月15,000円(1日500円)
ただし、もし同じ部屋に泊まる人がいなければ、相部屋希望でも個室料金なります
(これはホームページに載っていません)
友達と一緒に来ると少しお得ですね(^^)

シェアハウスにはこんな人が住んでいます!

みかん援農には、色んな人が集まります。

  • バンライフの旅人
  • 多拠点フリーランス
  • 大学生
  • トマト農家
  • 元看護師
  • 元パン屋
  • カップル

みんなで鍋をつつきながらお互いの人生を話すこともあり、自分とは違う生き方や価値観に触れられる面白い機会です。

参加者の中には

「他の生き方を見て、良い意味で固定観念が壊された」
「やりたいことが見えてきた」
「こんな生き方もあるんだと勉強になった」

と答える人もいました。

シェアハウスの設備

各シェアハウスによって設備が違いますが、私のシェアハウスの例です。

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 調理器具(皿、食器、箸など)
  • 炊飯器
  • 掃除機
  • 洗濯機
  • エアコン
  • テレビ
  • 布団、シーツ、毛布、枕
  • ハンガー少し
  • 足拭きマット、布巾

※ちなみに、Wi-Fiはありません。自分で用意するか、近くのカフェ(kamogo)がおすすめ。

個人で用意するもの

家と設備だけをお借りしている状態なので、みかん援農から生活用品が支給されることはありません。

基本的に自分が使うものは自分で用意するか、シェアメイトと共有する形になります。

シェアハウスの近くにスーパーやコンビニなど飲食店が全くないので、食料は事前に買っておくと良いでしょう!

  • 食材
  • 弁当箱(昼は弁当)
  • ボディソープ、シャンプー、リンス
  • ドライヤー
  • バスタオル
  • 歯磨きセット
  • スリッパ

共同で購入しているもの

共同で購入しているものは、生活する上で全員が必要なものです。

  • トイレットペーパー
  • ティッシュ
  • 食器洗剤

ただし、以下のものは欲しい人同士で割り勘(⬇︎)

  • 洗濯洗剤
  • 調味料

人によってこだわりがあったり、個人で用意してたりするためです。

また、人によって居住期間が違うので、後から入居する場合、すでに用意されていることもあります。

もし後半から参加する場合、トイレットペーパーや食材などを持ってきてもらえるととてもありがたいです🙏

ということで、今回は「シェアハウスで必要なもの」でした!
みかん援農の体験談についてはこちらにまとめていますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

コメント